テーブルに運ばれたオムライスの上のオムレツに、シェフがスーッとナイフを入れると、見事に2つに割れて、半熟卵がライスを包む。このパフォーマンスを発明したのは、店の2代目。50年も前のことである。

大正2年創業という老舗のレストランの窓からは東京スカイツリーが真正面に見える。どの料理を見ても、食べても一種の驚きに似た気持ちが膨らむが、値段も並ではない。先に述べたオムライスが、3,675円。ステーキにおいても一番安いミニミニ・ステーキ(120g)でも6,500円。ビーフシチュー4,500円。ハンバーグが3,500円。などというメニュー設定だけで腰が引けるが、なんとしても食べたいという客を、味で裏切ることはない。

「味はもちろん、心まで満足して頂いてこそ」が、この店のモットー。洗練されたサービスの中で過ごす一時は、「特別の日」に選ぶ店に相応しい。

味だけでなく、ボリュームもあるので、例えば2人で2つのメニューを食べたいというわがままにも、ちゃんと2つずつにシェアした皿を出してくれる。初心者にはランチ・タイムに訪れることをお薦めしたい。ディナーの2/3ほどの値段で同じ料理を楽しめる。

予約不可というもこの店の特徴で、予約出来るのは「2人以上で、おまかせ洋食コース」をオーダーする客に限られる。まさに「“ハレ”の日に」というわけだ。

細かいメニューでいえば、自家製ピクルスの旨さも別格。

出展:http://cicikobag.img.jugem.jp/20090113_771967.jpg

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930