創作懐石料理といった感じなのであろうか?

懐石料理をいただくのは、特別な日であり、親の懐を狙っていくも

のと決め込んでいた。紅葉を愛でながら京都に行く時もしかり、旅

先はもちろん、親戚の集まりしかり、自腹を切ったことは無かった。

しかし、いい歳になった私がそうも言ってはいられない。だんだん

年下の従姉妹たちを招待するような場面も出てきたのである。

そこで紹介されたのが「傳」さんで、軽く考えていたが、予約が取

れなくて散々苦労した。そうなると行きたくなるのが世の常?!か

どうかは知りませんが、予約が取れた時は、天にも昇る気分で、当

日を迎えた。

いや~良かった。お料理の演出が押しつけがましいものではなく、

実に理にかなった演出であり、しかも味が劣るということはない。

楽しめました。若い人たちに是非とも行って頂きたい名店です。

かしこまることなく、本物の味が味わえるからです。

出展:http://tabelog.com/restaurant/images/Rvw/20557/640x640_rect_20557734.jpg

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

アーカイブ

2017年7月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31