地階に設けられた空間は広々とし、テーブル席はゆったりと配されフランス料理店のよ

うなシックな内装。料理は、陰陽、五色のバランスに配慮した韓国薬膳料理。

前菜に最適なのが、「季節の肴四種盛」。時々によって変わります。

通称ケジャン、「渡り蟹の薬膳醤油漬」は、薬膳醤油の穏やかな旨味と、ねっとりと甘い

身肉との調和がなんとも旨く、蟹味噌のコクが加わって、この料理の真の醍醐味があり

ます。

小麦粉の香りと甘味の中で黄ニラの香りが生きた、「黄金ニラのチヂミ」や、ネギとイカ

の海老の旨味が絡み合う「有機葱と海鮮のチヂミ」。優しい味噌と豆腐の味がまろやか

に出会う、「豆腐チゲ」など、全ての皿で、他国の料理ながら懐かしい思いになるの

は、食材の風味を生かす繊細かつ淡い味付けと発酵調味料の自然な旨味が生かされ

ているからでしょう。

21時以降は、イカ塩辛、ユッケなど八種のおかずと、穏やかなテンジャンチゲ、十ニ

以降は、イカ塩辛、ユッケなど八種のおかずと、穏やかなテンジャンチゲ、十二雑穀が

セットされた「宵待膳」2,300円がお得です。

出展:http://uds.gnst.jp/rest/img/9t09fhc60000/s_005e.jpg?t=1371405478

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930