東武博物館

東武鉄道の創立90周年を記念して、1989年5月20日にオープンしたのが「東武博物館」です。館内は8つのコーナーに分けて構成され、東武鉄道の歴史の紹介とともに、昔懐かしい蒸気機関車をはじめとする実物車両や記念物などの貴重な資料が展示されている他、シミュレータや実物機器が設置され、交通の仕組みを実際に見て、触れて、体感することができます。さらに、博物館の真上を走行する車両を至近距離から観察できる立地を活かしたコーナーも設けられるなど、鉄道交通ファンはもちろんのこと、それ意外の皆様もリアルタイム感覚で楽しめる体験型ミュージアムです。

鉄道ファン垂涎の主な鉄道車両の展示物は、東武鉄道が1899年の開業のために英国べヤーピーコック社から購入した蒸気機関車12両のうちの2両「5型・6型蒸気機関車」、1930年に就役した東武鉄道初の電気機関車「ED101形101号」、明治末に日光~馬返間に開業された路面電車「日光軌道203号」、日光・鬼怒川温泉への特急電車として長く観光客に親しまれた「1720系デラックスロマンスカー」など10台余り。他にも、1951年製造で1960年代頃に廃車となった貴重なキャブオーバーバスなども展示されています。

他にも、広大な東武鉄道の路線や一日の走行風景を横14m×奥行き7mの巨大なジオラマ模型で再現したコーナーも常設。コンピュータで制御された約120両の1/80(HOゲージ)の電車模型を自分で運転することができます(有料)。

出典 : http://train.gomi.info/images/tobumuseum/train-203.JPG

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930