伝統芸能と最先端技術が融合した新劇場。


 

2013年4月2日、約3年間の改修工事を終えた「歌舞伎座」。新生・歌舞伎座がお目見えすると一度歌舞伎を見てみたいと思う人が現在急増しています。

まずは外観の素晴らしさをご紹介します。地下4階・地上29階建ての高層オフィスビルを併せ持つ機能性に富んだ建物へと変貌しています。劇場の外観は従来通りの低層で和風桃山様式を採用。以前の建物と比べ建物は晴海通りから35m後ろに下がっています。、正面の入口の前に緑を配し、憩いの空間が生まれるように設計されています。

館内は、従来通りに桟敷席や一幕見席を配置。昨今の高齢化社会を配慮して、バリヤフリー化やトイレの数が増えています。10代の方から年配の人までが快適に楽しめる空間となっています。新生・歌舞伎座で特筆すべきは「字幕(G・マーク)ガイド」。タブレット端末のようなものが貸与され、セリフの説明や場面の状況、セリフが台本通りに表示されるなど、初めてみる人でも公演をより一層楽しめることができます。この機器のレンタル料は1000円となっています。

 

【住所】東京都中央区銀座四丁目12番15号

【電話】03(3541)8160

【アクセス】東京地下鉄日比谷線都営地下鉄浅草線東銀座」駅から徒歩1分

出展:http://tatsujindeepsea.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_a25/tatsujindeepsea/E6AD8CE8889EE4BC8EE5BAA7-c64fa.jpg?c=a3

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930