都市空間としての東京の美しさを見せる眺望

 

神田川をまたいで湯島聖堂と日本ハリストス正教会復活大聖堂(ニコライ堂)というふたつの聖堂をつなぐことから名付けられた、鉄筋コンクリートのアーチ橋。関東大震災復興の一環として区画整理に伴って架けられた御茶の水周辺のシンボル的な存在として知られています。

日本武道館や京都タワーを設計した山田守が手がけており、船から見上げたときに最も美しく見えるようにデザインされています。御茶の水駅のホームからは、それに近い角度から眺めることができます。また夜間にはライトアップされた美しい様子を楽しむこともできます。

神田川の景観と見事に溶け込んでおり、東京という都市の美しい景観として、さまざまなメディアに取り上げられています。

 

出展:http://4travel.jp/dm_travelogue_each-10168745.html

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930