「忠臣蔵」の討ち入りの舞台となった吉良上野介義央の屋敷跡。元禄15年12月14日(1703年1月30日)・深夜、浅野内匠頭の仇を討つため大石内蔵助率いる赤穂浪士の一団がこの屋敷で討ち入りを果たしました。

諸書の記載によると、総坪数2,550坪(約8,400㎡)の広大な屋敷で、吉良上野介が実際にこの屋敷に住んだのは、1年半程度の短期間であったと言われています。

邸宅は、赤穂浪士による討ち入りの後は江戸幕府によって没収。その後は住宅が建ち並び、歴史的建造物の面影はなくなっていましたが、昭和9年(1934年)に地元の町内会有志が旧邸内の「吉良の首洗いの井戸」を中心に土地を購入して東京都に寄贈。翌年には公園として開園し、昭和25年(1950年)に墨田区に移管され今日に至ります。

普段は閑静な住宅街にとけこんだ佇まいを見せていますが、毎年12月14日に行われる義士祭の際は、全国から多くの観光客で賑わい、公園内の松坂稲荷に参拝に訪れる人も少なくありません。

[所在地] 東京都墨田区両国3-13-9

[アクセス] JR総武線「両国駅」から徒歩7分

出典:http://shinshu.fm/MHz/23.26/images/PFbxNeKW.jpg

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930