» 千代田区食べるのブログ記事

 

 

社内の同僚がごひいきにしていて、面白いお店があるから、ぜひ一度行ってみてと云われ、やっと実現しました。

前々からその店名「けむり」にはそそられるものがあり、扱っているのも燻製のお料理がメインとなっていると聞かされていました。

外観はちょっとレトロな雰囲気を醸しだしており、一歩店内に足を運ぶとそこは正しく“燻製”の世界が広がります。

メニューからも分かりますが、料理が運ばれてくると、なんでもかんでも燻製にしちゃいましたという感じ。

店員さんは詳しく説明してくれ、納得のうちに料理を口に運ぶと、それぞれの食材を生かした燻製となっているようです。

お酒がどんどん進んでしまいます。困ったものです。

気に入るかは人それぞれですが、話の種になり、美味しい楽しいひとときを過ごすことができました。

出展:http://image1-4.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/15028/320x320_rect_15028125.jpg

 

 

そばなんて、駅前でかっこつけずにパパッと食べるものであり、日本が生んだ究極のファストフードと言ってしまえるものなのかもし

れない。かくいう私もそうして食することもある。

しかし、信州産の新そばが食べたくなり、1枚のもりそばのために車を飛ばし、香りを楽しんで帰ってくるなんてこともしたりする。

そんな私のこだわりが、年越しそばである。自宅近くのお店がおきまりなのであるがそれは、時期になったら紹介することとし、

今なお気になっているお店が「かんだやぶそば」。店構えといい、江戸文化と共に食すならこの店を忘れてはいけない。

幼い頃、幾度となく父親に連れられ食した味が思い出とともに忘れられない。

その店が火災に遭ったニュースには驚いたし、ショックだった。どうやら、全面的に建て替えをするようである。

早く再建して欲しいし、どうかあの風情は損なわないよう願ってやまない。

出展:http://www.soba-udongyoukai.com/soba-sanpo/shinise/2010_0608kandayabu/kandayabu-mise.jpg

 

 

 

週2~3日の勤務とはいえ、千代田区に勤務地があると、いつも悩むのが昼食。

12時に食べに行こうものなら、お店は人で溢れ、キッチンカーにも長蛇の列になってしまいます。

そこで、お弁当を持参したり、時間をずらして、お店を選らんで食べに入ったり、工夫しています。

そんな時、強い味方なのが、「キッチンジロー」です。女性でも入りやすい店内で、ここぞとばかりガッツリいただきます。

メインのおかず2品にたっぷり野菜が添えてあり、ご飯とお味噌汁がついて940円。お味も満足ゆくもので、バランス良い栄養が摂れ、便利に

使わせていただいてます。残業になったとしても腹持ちも良く、夜炭水化物を摂らない私にとってはうってつけの一店です。

出展:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5b/63/21dca6b8471bfbeb4951c0be7c659937.jpg

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930