» 墨田区で食べるのブログ記事

テーブルに運ばれたオムライスの上のオムレツに、シェフがスーッとナイフを入れると、見事に2つに割れて、半熟卵がライスを包む。このパフォーマンスを発明したのは、店の2代目。50年も前のことである。

大正2年創業という老舗のレストランの窓からは東京スカイツリーが真正面に見える。どの料理を見ても、食べても一種の驚きに似た気持ちが膨らむが、値段も並ではない。先に述べたオムライスが、3,675円。ステーキにおいても一番安いミニミニ・ステーキ(120g)でも6,500円。ビーフシチュー4,500円。ハンバーグが3,500円。などというメニュー設定だけで腰が引けるが、なんとしても食べたいという客を、味で裏切ることはない。

「味はもちろん、心まで満足して頂いてこそ」が、この店のモットー。洗練されたサービスの中で過ごす一時は、「特別の日」に選ぶ店に相応しい。

味だけでなく、ボリュームもあるので、例えば2人で2つのメニューを食べたいというわがままにも、ちゃんと2つずつにシェアした皿を出してくれる。初心者にはランチ・タイムに訪れることをお薦めしたい。ディナーの2/3ほどの値段で同じ料理を楽しめる。

予約不可というもこの店の特徴で、予約出来るのは「2人以上で、おまかせ洋食コース」をオーダーする客に限られる。まさに「“ハレ”の日に」というわけだ。

細かいメニューでいえば、自家製ピクルスの旨さも別格。

出展:http://cicikobag.img.jugem.jp/20090113_771967.jpg

 

両国駅東口、小さな飲食店が並ぶ横綱横丁のなかほど。うっかりすると見過ごしてしまいそうだが、大きな提灯が目印だ。テンポのいいジャズが流れる店内は、ゆったりとしたつくりだ。キープされたボトルも並んでいて、ちょっとした居酒屋の雰囲気である。

売りは栃木県産「平牧バーク三元豚」使用。限定の極上ロースかつ(2,800円)を頼むと、はじめに調理前の肉を見せてくれる。真っ白な脂肪と赤身のローズピンクのコントラストが美しい。待つことしばし。きつね色に揚がったカツは二センチほどはあるだろうか。切り口から肉が盛り上がり、脂身は艶のある真珠色と半透明とが層をなす。口に入れればもっちり柔らかくジューシー。おすすめのわさび+塩が驚くほどあっさりといただける。

部位が違うとはいえ、同じ豚でも甘い脂の味は通常のロースとは明らかに異なる。是非一度経験することをお薦めする。

極上ロースかつに並ぶメニューに、はせ川とんかつ(2,300円)がある。肉は上ロースを使い、にんにくとチーズ、しそを挟み込んだ変わりカツだ。それぞれの味が引き立て合い、ちょっぴりイタリアンな香りもある。

甘口辛口二種あるオリジナルのソースもいいが、意外にもおろしポン酢がしその風味を引き立てる。

コロッケやイカフライの入る盛り合わせの、横綱、大関といったネーミングや、手洗いに貼られた番付表などは両国ならでは。肉そのものを味わうならしゃぶしゃぶ(2,200円~)もいい。黒板に書かれたランチメニューも豊富だ。

出展:http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/6b/7b/toriganaku1807/folder/1044411/img_1044411_30402591_2?1363832268

猪料理 もゝんじや

猪料理 もゝんじや

“山くじら”の異名をとる「猪」。その肉を素材とする「猪料理」の専門店です。1718年(享保3年)創業の老舗で、屋号の「もゝんじや」は昔、獣肉料理店のことを“もゝんじ屋”と呼んでいたことに由来します。かつては、このような獣肉料理店は多くありましたが、現在ではこの店だけになったそうです。

猪の肉は深紅色の赤身と白い脂肪が特徴。その色合いから、しし鍋は「ぼたん鍋」とも呼ばれています。脂の多いバラ肉は最もおいしい部位で、煮る程に味が深まってゆくそうです。

「猪料理」の他にも、脂身が無くキメの細かい食感が楽しめる「鹿鍋」や「鹿肉の刺身」、黒味を帯びた赤身にたっぷりと霜降りがのった熊肉を使った「熊鍋」など、珍しい獣肉料理の数々を堪能することができます。

[所在地]

墨田区両国1-10-2

[TEL] 03-3631-5596

[営業時間] 17:00〜21:00 (L.O.20:45)

※火~土は、ランチ(11:00~14:00)も営業

 [定休日]

日曜日(※大相撲東京場所中と12月は営業)

[アクセス]

JR総武線・両国駅西口から徒歩5分

出典:http://blog-imgs-44.fc2.com/a/m/e/amenomurakumo/IMG_120726_040.jpg

両国どぜう

1933年(昭和8年)創業の下町情緒溢れる庶民的な雰囲気の川魚料理専門店。両国橋のほとりにあるお店の造りは、昭和初期の下町の風情を感じさせるもの。そんな外観の印象に違わない店内では、井戸水を入れた桶の中で“どぜう(どじょう)”が泳ぎまわり、それを注文ごとにすくって調理するという昔ながらの方法がとられています。

看板料理は、まる鍋・骨抜き鍋・柳川鍋の中から選べる「どぜう鍋」。特に、まる鍋は、骨まで柔らかく煮た“どぜう”皮のゼラチン膜のつるっとした食感と甘口の汁のコンビネーションが絶妙です。

その他、鰻蒲焼きや白焼き、鰻重などの“うなぎ料理”、他ではなかなか食べられない冬季限定(11月頃〜3月頃)の「なまず鍋」、「鯉のあらい」、「鯉こく」といった“川魚料理”もおすすめです。また、11時〜14時のお昼の定食メニュー「柳川丼」(どぜう丸ごと、どぜう骨抜きの2種類)も人気です。

[所在地] 墨田区両国1-13-15

[TEL] 03-3631-1091

[営業時間] 11:00~14:00 (L.O.13:40) 16:30~21:00 (L.O.20:30)

[定休日] 日曜日・祝日

※1月・5月・9月の相撲場所中の日曜・祝日は夜のみ17時から営業

[アクセス] 総武線・両国駅から徒歩5分

出典:http://livedoor.blogimg.jp/dada_2/imgs/4/2/42992c24.jpg

うなぎ両國

創業130年を超える老舗うなぎ屋。故・藤山寛美さんも通ったという名店です。九州や愛知県、静岡などの国産うなぎを使い、紀州備長炭でじっくり焼き上げる鰻の蒲焼きや白焼きは絶品のおいしさ。定番の蒲焼きの他にも、うなぎ2匹を長いまま串に刺して焼く「筏の蒲焼」や鰻肝の佃煮、鰻肝焼きなどの“うなぎ料理”もぜひ賞味してみたいメニューです。

[所在地] 墨田区両国4-32-3

[TEL] 03-3631-7534

[営業時間] 12:00~14:00 17:30~21:00

[定休日] 月曜日

[アクセス] 両国駅東口から徒歩約3分

出典:http://www.sumida-jikan.com/upload/shop/821c143d677900f5237ef833c6a549c6.jpg

アサヒスカイルーム

金色に輝くビール泡のユニークなオブジェが設置された隅田川・吾妻橋周辺のランドマーク、アサヒビール本社ビル。その最上階の22階にある、おいしい生ビールや喫茶が楽しめる展望喫茶店で、ここ「展望喫茶 アサヒスカイルーム」です。

ビールの製造元、しかもその「本社」で飲むというだけでも充分にインパクトありですが、特に窓際のカウンター席に座って、隅田川や東京スカイツリー、浅草寺などが目の前にバノラマのように広がる絶景を眺めながら飲むビールはまた格別です。

ビール以外のメニューでは、ワインやウイスキー、カクテル、サワーなどのアルコール類、コーヒー、紅茶、ソフトドリンクなどもあります。また、ビールに欠かせないナッツ&チーズや枝豆などの簡単なおつまみ、カレーライスやサンドウィッチ、ピザなどの軽食、ケーキなどもあるので、ビール党のみならず、ちょっと小腹が空いたり、墨田区観光の合間にホッと一息つきたいという方にもおすすめです。

[所在地] 墨田区 吾妻橋 1-23-1 アサヒビール吾妻橋ビル22F

[TEL] 03-5608-5277

[営業時間] 10:00~22:00 (L.O.21:30)

[定休日] 年末年始

[アクセス]

東京メトロ銀座線・浅草駅から徒歩約3分

都営浅草線・浅草駅、本所吾妻橋駅から徒歩5分

東武伊勢崎線・浅草駅から徒歩約5分

出典:http://blog-imgs-37.fc2.com/m/h/r/mhr/tst-azumabashi_1101040218pm.jpg

レストラン カタヤマ

おいしいお肉が味わえる下町の洋食屋さんとして地元で人気のお店。駄敏丁カットという特許取得の独特なカット方法で厳選された黒毛和牛をさらに美味しくいただけることで有名です。ちなみに、駄敏丁カットというのは、ステーキ肉を棒状に切った後、筋や余分な脂肪を取り除き、厚みのある柔らかい肉を形成するためのカット方式だとか。

店内は“下町のステーキ屋さん”といった庶民的な雰囲気で、お手軽価格でおいしいステーキが楽しめます。お肉は、国産肉かオージービーフのそれぞれ4段階から選んで注文することができ、なんといってもボリュームたっぷりのおいしいステーキがリーズナブルなお値段で食べられるのが魅力です。

ステーキの他にも、ハンバーグやカニクリームコロッケ、エビフライ、牡蠣フライ(季節限定)といった洋食屋さんの定番メニューやセットメニュー、子供向けメニューなどもありますので、ご家族連れにも人気です。

[所在地] 墨田区東向島4-2-6

[TEL] 03-3610-1500

[営業時間]

●平日 11:00~15:00 / 16:30~21:30

●土曜・日曜・祝日 11:00~21:30

[定休日] 年中無休

[アクセス]

東武伊勢崎線・東向島駅から徒歩10分

東武伊勢崎線・曳舟駅から徒歩18分

京成押上線線・曳舟駅から徒歩20分

出典:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1a/1d/469fbd1e26869d0af9ad63a68c64edfd.jpg

タイランド

1986年の開店以来、日本在住のタイの人たちからも絶大な支持を受けているタイ料理の名店です。人気の秘訣は、創業以来守り続けている“日本人向けにアレンジを加えていない本場そのままの味”。タイの食材の輸入販売も行っているため、お米もタイ米のみを使用し、生ものの食材は週2回の空輸で現地から輸入しているという徹底ぶり。こだわりの素材を使って、タイ出身のシェフが腕を振るい、本場の味を提供し続けています。

広々とした店内は、異国情緒溢れる造りで、あたかもタイにいるかのような雰囲気。それでいて居心地の良い空間になっていることも人気の理由と言えるでしょう。

世界三大スープのひとつとしても有名な「トムヤムクン」をはじめ、バジルで炒めた挽き肉のご飯「パッガパオラートカオ」、青パパイヤのサラダ「ソムタム・プー」など日本でもよく知られている人気のタイ料理のおいしさもまた格別です。辛くておいしい料理を楽しんだ後は、ココナッツプリン、ココナッツグラッセ、ルアミッ(具沢山のココナッツミルク煮)などの甘味デザートで、ホッと一息つきましょう。

日本にいながらにして味わえる本場タイの絶品料理。一度食べたら虜になって、また行きたくなる。そんなタイ料理の名店です。

[所在地] 〒131-0032 墨田区錦糸3-12-10

[TEL] 03-3626-3885

[営業時間]

[平日] 11:30~14:00 17:00~23:00

[土曜・祝日]11:30~23:00

[日曜]11:30~22:30

[定休日] 月曜日

[アクセス] JR錦糸町駅北口から徒歩5分

出典:http://itot.jp/13107/wp-content/uploads/2010/09/59045_thailand-outerrior2.JPG

魚さい

釜飯のおいしさが評判の大正3年創業の老舗。屋号のとおり、創業当時は活魚料理店だったとのことですが、現在は釜飯(五目・カニ・貝柱・牡蠣・松茸)が名物の日本料理のお店として親しまれています。

魚貝類や野菜等など料理の素材の産地にこだわり、日本各地の名酒も充実。釜飯以外にも季節の一品料理をはじめとする、お酒が進む料理や肴も豊富に揃い、ゆったりとした充実のひとときをお楽しみいただけます。冬は寄せ鍋などの鍋料理も登場するそうなので、釜飯とは違った味覚が堪能できます。

[所在地] 墨田区向島 2-2-10

[TEL] 03-3622-7428

[営業時間] 17:00~22:00

[定休日] 水曜日

[アクセス]

東武線・業平橋駅より言問通りを言問橋に向かい徒歩5分

出典:http://www.hotpepper.jp/s/85/J000129685/IMG/p_top_mu.jpg

吾妻橋で創業80年、地元で愛されてきた割烹料理のお店。多くの料亭で経験を積んできた料理長が作る創作和食と本格和食が楽しめます。特に、おすすめなのが料理長自ら考案し、2011年「すみだモダン」飲食店メニュー部門で“すみだブランド”に認証された他、テレビのグルメ番組でも紹介された看板料理「ごまだれ鉄火丼」。特長は、酢飯を使わず、温かいご飯の上に新鮮なマグロを載せて特製「ごまだれ」をかけるだけというシンプルさ。おいしさのポイントは、鹿児島産の甘味しょう油をベースに生魚を美味しくするように開発した特製「ごまだれ」と新鮮マグロ。「ゴマダレ」のゴマ風味が魚の生臭さを消して、さっぱりと食べやすくしてくれます

本所吾妻橋駅前すぐの好立地と落ち着いた雰囲気、そしてスカイツリーのすぐ近くという好立地も押さえておきたいポイントです。

[所在地] 墨田区吾妻橋2-3-11

[TEL] 03-3624-2911

[営業時間]

●平日

11:30~14:00(L.O.13:30)

17:30~22:30(L.O.21:30)

●日曜・祝日

11:30~15:00(L.O.14:30)

17:00~21:30(L.O.21:00)

[定休日] 月曜日、お盆・年末年始

[アクセス]

都営浅草線・本所吾妻橋駅A3出口より徒歩1分

東京メトロ銀座線・浅草駅5番出口より徒歩7分

東武伊勢崎線・とうきょうスカイツリー駅より徒歩7分

出典:http://uds.gnst.jp/rest/fs_img/bvpxemgc0000/s_1002.jpg?t=1374779162

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930