» 新宿区のブログ記事

店は雑居ビルの二階でわかりにくいが、テーブルが3つ、カウンター4席を夫婦ふたりで切り盛りしている。

昼の懐石は4,500円からで夜は6,000円、9,000円とおまかせ。完全予約制だから出来るのだろうが、この値段でよくここまで、と素直に驚くほど良質な食材と料理を出す。最近の若手料理人がやるような創作風な匂いが一切ないのも潔い。

盛夏のある日は、まず北寄貝とコチの刺身に感激。きれいに骨切りされた鱧の椀は、吸い地の透明感がいい。

ちょっと大ぶりな郡上八幡の釣り鮎も見事な焼き加減で、最後は赤だしとごはん。この赤だしも出汁に八丁味噌の味を溶け込ませた後に濾してお澄ましのようにした逸品だ。

お酒は賀茂鶴、〆張鶴、久保田、春鹿といった王道の揃えだが、これが正統的な料理に見合っている。今後が楽しみだ。

出展:http://gqjapan.jp/wp-content/uploads/2013/11/arakicho_02.jpg

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930