» 港区で食べるのブログ記事

 

赤坂という名のごとく、赤坂を歩いていると、坂だらけの街です。乃木坂方面からコロン

ビア通りに抜けようとすると3分坂という胸突き八丁のごとき、凄い坂に出くわしてしまいま

す。のぼりきり、赤坂駅の方向へ、今度は長い下り坂があり、駅近くに「相模屋」はありま

す。

ガラス張りの引き戸を開けて店内へ。いつも決まって購入するのがあんみつです。寒

天、あんこ、求肥、豆が別々に入っており、持ち帰ってから、寒天を切ったり、器に盛っ

て食べます。母が大好物で、3人用を購入して、二人で2回分にして食べるのが我が家

流。

みつは黒みつをいつも頼みます。断然、黒みつ派でして、前に黒みつとお店の方に

言ったつもりだったのですが、自宅で開けてみたら白みつが入っていた時はショックで

した。

お店でトッピング用のあんずも買うことができますが、季節の果物をちょっとのせても

OK。なんとも言えない至福の時を味わえます。

カロリーなんて気にしません。いやいや、寒天はカロリーオフですし、海藻からできてい

るのですから、身体にもいい食べ物ですよね。

http://ht-kurumi.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2008/06/30/002.jpg

 

 

ここのとんかつは美味です。家でお高い肉で頑張って揚げてもなかなか美味しく揚がら

ないし、有名店の味も慣れちゃったし、自宅近くのお店もこの頃なんだか油が気になる

しー。と思っていたところこの「豚組」の味は格別です。

なにやらとってもこだわっているそうで、サクサクの衣は程よくて口の中の上あごが痛くな

るようなことはありません。揚げ油がいいからなのでしょうね。自宅ではできないブレンド

した油を使用している模様。とんかつに欠かせないキャベツもきれいに千切りされて

おり、おかわり自由。ごはんも味噌汁も進んでしまいますが、こちらもおかわりしても大丈

夫です。ソースもいいですし、塩で味わうと不思議なことに肉の味が変わります。豚ちゃ

んに良い仕事してますなぁとお礼が言いたくなります。

店内はレトロな雰囲気を醸しだし、いいですよー。ファンになってしまいました。

出展:http://cache.walkerplus.com/content/image/20071019/169benkei.jpg

仕事先の方から、仕事プロジェクトの成功を祝って「よしはし」ですき焼きをご馳走して

頂けるとのお話しを聞き、もう天にも昇る気持ち!テンション上がりまくりです。

なぜならば、以前だいぶ前のことになりますが、赤坂それもまさしく「よしはし」のある元

赤坂にオフィスがありました。豊川稲荷と赤坂御所に囲まれた三角地帯ともいうべき場

所で、昼食に事欠く有様。たま~に奮発して、「よしはし」さんでランチしたことはあった

ものの、夜の世界へは未踏の分野でした。

仕事先の方もこんな素敵なお店をチョイスして、私に対してしたり顔で赤坂見附で落ち

合いました。道々、この辺に職場があったことや私の身分では、夜のお食事は手が出

せなかったことなどを話しながらいよいよ入店。

いやぁ、さすがに夜のコースはいいですね。雰囲気、味とも申し分なく、すき焼きを堪能

いたしました。

お酒もかなりすすんでしまいました。今度は自腹で参上いたします。

お店のみなさまよろしくお願い致します。大枚をはたいて絶対に損のない名店です。

出展:http://www.mjnet.ne.jp/kisara/11184/plan_yoyaku/plan/plan_img/1057_2.jpg

 

 

 

 

 

だいぶ、赤坂の様相は変わったとはいえ、あの独特の空気感は好きです。その中で洋

菓子店でありながら頑なにというか、威厳さえ感じる「しろたえ」。おじゃまする度に緊張

感さえします。

店内でひとつを選んで、紅茶とともにいただきます。そこで大好きなレアチーズケーキ

は頼みません。至福の時をしばし過ごして、店内の世界を味わって、さあ、お土産用の

ケーキを購入。

自宅用と友人宅への手土産として、ここでホールのレアチーズケーキを注文します。2

つを抱えて帰宅するのですが、自宅で食べる時も友人に勧めるのも、すぐ食べずに、

翌日以降食べることを声高々に言ってしまいます。

チーズケーキの生地部分が締まって、こってり感が増します。チーズ本来の味とそれを

ケーキにした絶妙な味わいが生まれるのです。

もうたまりません。またそろそろ買いにいこうかな!?

出展:http://blog-imgs-45.fc2.com/c/h/e/cherchemidi/shirotae.jpg

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930